あなたの行きつけ歯医者は大丈夫?小梅ちゃんの「ばいきん0歯科そうだんしつ」~水のきれいな歯医者さん~



私は3か月に一度、歯科医院で検診とフッ素塗布を受けています。


歯はとっても大切なものなのでこれからもフッ素塗布をさせたいと思っているのですが、最近ちょっと気になる情報を耳にしまして。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが去年、読売新聞の夕刊に何ともショッキングな記事が掲載されました。


みなさんがよく行く歯医者さんのユニットチェアから出てくる、そしてよくうがいをする、あの水、あの水が...

多くの細菌を増殖した配管から出てきていて、汚染水となっている!危険な水である状態だ!という内容なのです!!


最近ではネットやテレビで

取り上げられていますのでご存じの方も

多いのではないかと思います。



通常歯科医院ではユニットチェアの下を

配管が通っており、その中を水が行き来しています。


その水は、常に循環している状態ではありません!!!

使用していない場合(夜中はずっとそのまま)は滞留しています。
その配管、及びユニットチェア機器を通っている水に
細菌が繁殖して増殖している、という記事でした。

ご存知のように歯医者さんでは口の中の虫歯を削ったり、口の中の
細部をクリーニングしたり、多量の水を使います。

その水は唾液や虫歯菌、歯周病菌と
混ざりながら院内に飛び散ります!

そして、その汚染された水は歯などを削るタービンから直径約1.25mmの直径のチューブを逆流し
なんと、12m程度の距離間でチューブ内を行ったり来たりしているそうなのです!


みなさんも通っている「歯医者さんの水」
変な匂いや味がしたことありませんか??

そう、歯医者さんに通えば通うほど、
虫歯になったり、細菌が体内に入り込む原因に
なってしまうのです。

虫歯にならないために歯医者さんに時間とお金を使って通っているのに、
それがかえって虫歯の原因になるなんて
とっても悲しい事実ですよね。

この医療施設内においての細菌管理とその対策については、
病院(医科)では当たり前のようですが、
歯科(歯医者)業界ではなかなか対応が出来ていなかったそうです。

そこで平成24年、何名かの歯科医師を中心に立ち上げられたのが
特定非営利活動法人POIC(R)研究会!

このPOIC研究会が一般生活者の皆様向けに
情報サイトを立ち上げました。

あなたの行きつけ歯医者は大丈夫?
小梅ちゃんの「ばいきん0歯科そうだんしつ」
~水のきれいな歯医者さん~
http://0-haisha.com/



歯科医院で治療に使われている水はバイ菌がいっぱい。

「水のきれいな歯医者さん」を探したり
口コミ情報もあり、最新の歯科治療臨床動画を
ご覧いただくこともできます!

私も早速チェックしてみましたが
悲しいことに私の通っている
歯医者は掲載されていませんでした。

できれば水のきれいな歯医者さんで
私も治療を受けたいので、
機会があればこちらのサイトに掲載されている
歯医者さんへ行ってみようかと思っています。

これからお引越しを予定されていて
どの歯医者を選べばいいか悩んでいる、
なんて方にも便利ですよね。


もちろん私のように普段通っている
歯医者さんのお水の状態が気になる方も
一度チェックしてみる価値ありますよ!

あまり歯医者を受けていて水がきれいかどうかは気にしたことがなかったですが、細菌0の医院を認定し、施設認定制度として認定医院を増やしていくという活動はとてもいいと思います。

歯医者を受ける際にはどうしても近場でなおかつ待たされないところというので選んでしまいますが、もしこれから先こうして認定医院が増えれば、そういった自分の望みの歯医者でばいきん0の認定をされているという安心感が増えるのではないかと思います。

レビューブログ様からの情報でした。
素敵な情報をありがとうございました。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


この記事へのコメント